• 03-3752-1111

看護部について

松井病院看護部の概要や看護部長のメッセージをお届けします。

看護部長ごあいさつ

看護部長ごあいさつ

看護師の「考える力」を育てる

超高齢社会への階段を駆け上がっている日本で、急性期病院の果たす役割は変化しています。そこで働く看護師にも、当然のことながら柔軟な対応が求められます。

松井病院は急性期病床、地域包括ケア病床、慢性期病床と、多様なニーズに応えることが必要です。多様なニーズに応えるには、患者さんお一人お一人が退院後にどのような生活をされるのかを「考える」ことが重要です。入院される方々にとって「患者」である期間は人生のほんの一部分です。

これからは「患者を支える看護」から「生活者の入院期間を支える看護」に変化します。決して画一的な看護ではない「考える看護」、だから看護は楽しいのです。

看護部理念

誰もが大切にされたと感じられる、やさしさと思いやりのある看護を提供します

看護部方針

1.笑顔・丁寧・迅速・さわやかの「真心の行動化」を実現します

2.患者様とご家族の意向を尊重した看護を提供します

3.患者様とご家族への説明を十分に行うように努めます

4.安全な療養環境を整えます

5.地域で安心して暮らしていただけるように、医療・福祉・保健機関と連携して個人を支えます

6.確かな技術と豊かな人間性を兼ね備えた専門職であるために、学び続けます

看護部概要

病床数 144床
一般病棟 入院基本料 7:1(2次救急指定病院)
看護単位 病棟3単位・外来(手術室・透析室)
看護方式 モジュール型継続受持方式
看護記録 NANDA看護診断

退院支援

高度急性期から命をつなぎ、地域へ生活をつなぐ

松井病院は救急・外来からの入院に加え、高度急性期から紹介される患者さんを看護します。病状が不安定な状況で来られる方もおり、短期間で地域へお戻しするには、入院時から退院後の生活をイメージして支援することが必要です。

松井病院では退院支援パスを活用しチーム医療を展開しています。

フィッシュ活動

フィッシュ活動

どうせやるなら楽しくやろう!

スタッフの出身地自慢、占いストリート、四季を感じる飾り付け等々、楽しい雰囲気の職場は自分たちの手で作れます。クリスマスには病棟にイルミネーションが登場し、春には花がたくさん咲きます。

人を喜ばせることが得意な松井スタッフならではの「自分も患者さんも楽しくなる環境作り」をしています。

タクティール(R)ケア認定

タクティール(R)ケア認定

当院では日本スウェーデン福祉研究所の認定資格取得者によるタクティール(R)ケアが受けられます。

認定看護師

認定看護師

透析看護認定看護師 浅見真実

透析室での看護実践を中心に、勉強会を実施し院内の看護実践能力が向上できるよう活動しています。
透析治療を受けている患者様が「どうありたいか」を大切にし、病を抱えながらもその人らしい生活を送れるよう支援していくことを心がけています。